ガンダムブレイカー2攻略wiki

ガンダムブレイカー2攻略wikiTOP Yahoo!ブックマークに登録Yahoo!ブックマークに登録 Google Bookmarks に追加GoogleBMに登録 はてなブックマークに登録はてなBMに登録 Livedoorクリップに登録Livedoorクリップに登録
機体ガイド
機体データTOPに戻る
HG キュベレイ・基本データ
型番 機体名 出展 所属
AMX-004 HG キュベレイ 機動戦士Zガンダム アクシズ
MS解説
一年戦争時に多大な戦果を挙げたニュータイプ専用モビルアーマー (MA)「エルメス」の後継機。キュベレイの開発はグリプス戦役以前より基礎研究が開始されていたとされ、サイコミュを搭載し、ビットを小型化した遠隔誘導攻撃端末「ファンネル」の運用を可能とした。また、機体制御そのものもサイコミュによって行うことができる。
外観の大きな特徴である肩部に設置された2対のフレキシブル・バインダーは、各3基のメイン・バーニアを内蔵しており、姿勢制御と機体機動を同時に行う。キュベレイが実戦投入されたグリプス戦役期のMSには、これに類する機能を有するAMBAC装置と推進器を兼ねたスラスター・バインダーを装備した機体が多い。
本機が装備するバインダーは「もう一対の腕」と形容できる広範な可動域と高い自由度を確保しており、曲芸的な空間機動力を機体に付与している。バーニアの推力自体は標準の域を出ないが、推力ベクトルを一方向に集中させ、高加速を得ることが可能。機体本来の腕部はバインダー内部に収納することができ、非戦闘時などは腕を収納した状態の形態で高速巡航する。
また、肩部分には小型ミノフスキークラフトが内蔵されており、機動の補助に使われている[2]。 バインダーはシールドとしての機能も有しており、その可動域を活かし機体を覆って防護姿勢を取ることもできる。しかしリック・ディアスや百式などに見られるようなアタッチメント式ではなく、機体本体の延長であるためパイロットの操作で本体から任意に切り離す機能はない。
パーツ
HEAD HG キュベレイヘッド
BODY HG キュベレイボディ
ARMS HG キュベレイアーム
LEGS HG キュベレイレッグ
BACKPACK HG キュベレイバックパック
SHIELD  
WEAPON  
OPTIONS
EX-ACTS
MODULES
攻略メモ
No ミッション名 難易度 制限時間 クリア報酬 勝利条件、備考
21 宇宙要塞 4      
23 宇宙に浮かぶ大地 4      
24 破滅のシステム 4      
PS3:ガンダムブレイカー2 初回生産限定
PS VITA:ガンダムブレイカー2 初回生産限定

機体データTOPに戻る