ガンダムブレイカー2攻略wiki

ガンダムブレイカー2攻略wikiTOP Yahoo!ブックマークに登録Yahoo!ブックマークに登録 Google Bookmarks に追加GoogleBMに登録 はてなブックマークに登録はてなBMに登録 Livedoorクリップに登録Livedoorクリップに登録
機体ガイド
機体データTOPに戻る
HG サザビー・基本データ
型番 機体名 出展 所属
MSN-04 HG サザビー 機動戦士ガンダム
逆襲のシャア
新ネオ・ジオン
MS解説
新生ネオ・ジオン総帥シャア・アズナブルの専用機として開発された機体。既存のジオン系MSの全ての技術を投入した集大成的存在。 設計は旧ネオ・ジオン(アクシズを前身とするハマーン・カーン指揮下のネオ・ジオン)の技術者が呼び集められ、彼らを中心として行なわれた。当初はギラ・ドーガをベースとして開発が進められていたが、ギラ・ドーガのムーバブルフレームはサイコミュ関連の装備を内部に組み込むのにはサイズが不足しており、総帥専用機として開発部から要求されたスペックを満たすことはできなかった。その後、何度かの試行錯誤を経た結果、より大型の機体を新規に開発することが決定される。
開発の際にはモビルアーマー (MA) 級のサイズを持つ機体も考案されたが、サイコフレームの採用により全高25m級というサイズに落ち着いた。なお、この際に開発された機体はヤクト・ドーガとして完成し、2機が実戦に投入されている。一方、新規設計の際に考案されたMA級の機体は開発プロジェクトが別の部署に移管され、後にα・アジールが完成した。 新生ネオ・ジオン軍内では基礎設計は可能であったが、実機の製造・試験のための施設が不十分であったため、開発自体はアナハイム・エレクトロニクス社に委託されることとなり、かつての旧公国軍指揮下にあり、現在も影響が強いグラナダ工場において製造が行われた。
サザビーはMSとしての基本性能を高いレベルでまとめた上でNT専用機としての機能を付加させていくという理念の下開発され、その結果MS単体での基本性能とNT専用機としてのサイコミュ関連の性能が共に高く、双方のバランスが取れた優秀な機体として完成した。本来搭載に膨大なスペースを必要とするサイコミュ関連装置は、サイコフレームの採用により小型化されている。従来の重MSのような多数の武装は施されておらず、大型化による内部スペースの余裕を利用して機体性能の総合的な向上が計られている。
パーツ
HEAD HG サザビーヘッド
BODY HG サザビーボディ
ARMS HG サザビーアーム
LEGS HG サザビーレッグ
BACKPACK HG サザビーバックパック
SHIELD  
WEAPON  
OPTIONS
EX-ACTS
MODULES
攻略メモ
No ミッション名 難易度 制限時間 クリア報酬 勝利条件、備考
25 ヘルファイア 5      
PS3:ガンダムブレイカー2 初回生産限定
PS VITA:ガンダムブレイカー2 初回生産限定

機体データTOPに戻る