ガンダムブレイカー2攻略wiki

ガンダムブレイカー2攻略wikiTOP Yahoo!ブックマークに登録Yahoo!ブックマークに登録 Google Bookmarks に追加GoogleBMに登録 はてなブックマークに登録はてなBMに登録 Livedoorクリップに登録Livedoorクリップに登録
機体ガイド
機体データTOPに戻る
HG ストライクガンダム「エール」・基本データ
型番 機体名 出展 所属
GAT-X105 HG ストライクガンダム「エール」 機動戦士ガンダムSEED 地球連合
MS解説
最初期に開発された兵装の1つで、ラジエータープレート兼用の大型可変翼と4基の高出力スラスターを持つ高機動戦闘用ストライカーパック。「エール (Aile)」はフランス語で「翼」を意味する。 基本的に宇宙用の装備だが、その大推力と主翼の空力効果によって、重力下でもハイジャンプや短時間の飛翔を可能としている。また、初めてストライカーパックを採用したストライクが機体本体にビームサーベルを備えていなかったため、追加装備としてビームサーベルを搭載している。機動力を強化するという性質上汎用性が高く、C.E.71年の大戦後期において宇宙空間、大気圏内を問わず最も多く使用された。また、M1アストレイの固定装備である背部大型スラスターの設計などに影響を与えている。 大気圏内での完全な飛行能力を有するジェットストライカーが開発されたC.E.73年においては、大気圏内での需要が殆ど失われ、地上では全くと言っていい程見られなくなった。
その分、今まで地上で運用されていたエールストライカーを含めかなりの数が宇宙軍に配備されていても良さそうなものであるが、『機動戦士ガンダムSEED DESTINY』では宇宙空間での戦闘においてストライカーパック無しで出撃したダガーLやウィンダムが少なからず見られており、MSの生産数に対して配備数は少なかったようである。同じくC.E.73年を舞台とした『機動戦士ガンダムSEED DESTINY ASTRAY』ではエールストライカーを装備したウィンダムが登場したが、この機体が所属した部隊でエールストライカーを装備した機体はこのウィンダムのみであった。ただ、エールストライカーはジェットストライカーに比べて小回りが利くため、対MS戦においては有効であるとされている。
パーツ
HEAD HG ストライクガンダムヘッド
BODY BODY HG ストライクガンダムボディ
ARMS HG ストライクガンダムアーム
LEGS HG ストライクガンダムレッグ
BACKPACK HG ストライクガンダム「エール」バックパック
SHIELD HG 対ビームシールド(ストライク)
WEAPON HG 57mm高エネルギービームライフル
HG ビームサーベル(ストライク)
OPTIONS
EX-ACTS
MODULES
攻略メモ
No ミッション名 難易度 制限時間 クリア報酬 勝利条件、備考
18 赤魂の白刃 5      
PS3:ガンダムブレイカー2 初回生産限定
PS VITA:ガンダムブレイカー2 初回生産限定

機体データTOPに戻る