ガンダムブレイカー2攻略wiki

ガンダムブレイカー2攻略wikiTOP Yahoo!ブックマークに登録Yahoo!ブックマークに登録 Google Bookmarks に追加GoogleBMに登録 はてなブックマークに登録はてなBMに登録 Livedoorクリップに登録Livedoorクリップに登録
機体ガイド
機体データTOPに戻る
HG ストライクルージュ[I.W.S.P]・基本データ
型番 機体名 出展 所属
MBF-02 HG ストライクルージュ[I.W.S.P] 機動戦士ガンダムSEED
DESTINY
オーブ
MS解説
前大戦後、地球連合軍第81独立機動群「ファントムペイン」が、アクタイオン・インダストリー社を中心とした複数企業の技術協力を受け推進したエースパイロット用カスタマイズMS開発計画―通称「アクタイオン・プロジェクト」に基づき再生産された機体。専任パイロットはホアキン中佐指揮下の特殊戦MS小隊に所属するパイロット、スウェン・カル・バヤン中尉。 前大戦後期から戦後にかけて続々開発された新型機の登場に伴い初期GAT-Xは相対的に旧世代機と化していたが、それでもなおそのポテンシャルはこれら後継の機体群にも充分対抗可能な水準を維持していた。その優秀性に着目したファントムペインは、アクタイオン・インダストリー社を主導とする民間企業連合に初期GAT-Xの再生産を依頼。部隊内から選抜した優秀なパイロットをこれらの機体に搭乗させ、実働データの収集・再検証を行った。そしてその結果得られたデータやパイロット本人の意見を基に機体をカスタマイズすることで、次世代機に匹敵する高性能機開発を模索していた。 再生産されたストライクは設計上はオリジナル機と全くの同型だが、主電源にパワーエクステンダーを採用したことで活動時間が大幅に延長されている。
PS装甲の電圧設定も一部変更され、ヘリオポリス製の機体に比べ起動色がやや暗色化しているのが特徴である。あらゆる戦局に対応するため、装着するストライカーは全領域型のI.W.S.P.が選択された。 I.W.S.P.は確かに強力な装備ではあったが、データの蓄積・解析が進むにつれて様々な欠点も露呈させていった。特に機体上半身や、コンバインドシールドを装備する左腕部の重量バランスの悪さは顕著であり、機動時の余剰モーメントの発生は深刻な問題であった。後に、これら欠点の克服と同時に、より機能を発展、昇華させた新型ストライカー「ノワールストライカー」が製作された。並行してストライク本体も改修が加えられ、機体は後の「ストライクノワール」として生まれ変わることとなった。 本機はプラモデル「1/100 MG ストライクガンダム+I.W.S.P.」発売にあたり新規設定された機体である。
パーツ
HEAD HG ストライクルージュヘッド
BODY HG ストライクルージュボディ
ARMS HG ストライクルージュアーム
LEGS HG ストライクルージュレッグ
BACKPACK HG ストライクガンダム「I.W.S.P」バックパック
SHIELD  
WEAPON  
OPTIONS
EX-ACTS
MODULES
攻略メモ
No ミッション名 難易度 制限時間 クリア報酬 勝利条件、備考
30 拳と刀 4      
PS3:ガンダムブレイカー2 初回生産限定
PS VITA:ガンダムブレイカー2 初回生産限定

機体データTOPに戻る