ガンダムブレイカー2攻略wiki

ガンダムブレイカー2攻略wikiTOP Yahoo!ブックマークに登録Yahoo!ブックマークに登録 Google Bookmarks に追加GoogleBMに登録 はてなブックマークに登録はてなBMに登録 Livedoorクリップに登録Livedoorクリップに登録
機体ガイド
機体データTOPに戻る
HG ダブルオーガンダム・基本データ
型番 機体名 出展 所属
GN-0000 HG ダブルオーガンダム 機動戦士ガンダム00 ソレスタルビーイング
MS解説
刹那・F・セイエイが搭乗するエクシアの後継機。2基の太陽炉を同調稼動させることで、粒子生成量を2倍ではなく2乗化[注 7]するという「ツインドライヴシステム」を初めて搭載した機体である。
ツインドライヴシステムは過去に第2世代機プルトーネへの搭載が検討されていたが、各太陽炉ごとの微細な個体差による同調の困難さや、システムが大規模なものとなることから採用を見送られた経緯を持つ。のちにトランザムとともにイオリアからもたらされた理論を基に研究が再開されたが、炉の同調問題は依然として解決していなかった。最も同調率が高いとされるエクシアと0ガンダムの太陽炉を使用しても起動には至らなかったが、トランザムによって強制的に同調率を高めることで一応の起動には成功した。
しかし安定稼動にはほど遠く、アロウズとの戦闘で再びトランザムを行った際には、オーバーロードを起こして機体が戦闘不能になる事態も招いた。そのため、ツインドライヴの安定制御機能を持つ支援戦闘機「オーライザー」が配備されるまで、トランザムの使用は不可能であった。 太陽炉はバックパックと繋がるドライヴアームによって支持され、両肩に配置されている。炉を覆うコーン型スラスターは、第2世代機のスリースラスター型の機能を盛り込んだ新型が採用されており[12]、粒子の噴射方向を自由に変えることで高い機動性を発揮する。機体前面に向けた場合は、防御用のGNフィールドとなる。外見から太陽炉が2基搭載されていることが分かることもあり、アロウズからは「2個付き」の通称で呼ばれる
パーツ
HEAD HG ダブルオーガンダムヘッド
BODY HG ダブルオーガンダムボディ
ARMS HG ダブルオーガンダムアーム
LEGS HG ダブルオーガンダムレッグ
BACKPACK HG ダブルオーガンダムバックパック
SHIELD  
WEAPON  
OPTIONS
EX-ACTS
MODULES
攻略メモ
No ミッション名 難易度 制限時間 クリア報酬 勝利条件、備考
33 堕ちた天使 5      
PS3:ガンダムブレイカー2 初回生産限定
PS VITA:ガンダムブレイカー2 初回生産限定

機体データTOPに戻る