ガンダムブレイカー2攻略wiki

ガンダムブレイカー2攻略wikiTOP Yahoo!ブックマークに登録Yahoo!ブックマークに登録 Google Bookmarks に追加GoogleBMに登録 はてなブックマークに登録はてなBMに登録 Livedoorクリップに登録Livedoorクリップに登録
機体ガイド
機体データTOPに戻る
MA シャンブロ・基本データ
型番 機体名 出展 所属
AMA-X7 MA シャンブロ 機動戦士ガンダムUC ネオ・ジオン残党
MS解説
ガーベイ・エンタープライズ社が開発した水陸両用試作モビルアーマー(OVA版では第1次ネオ・ジオン紛争期のネオ・ジオンの設計案を元にジオン残党軍と「袖付き」によって建造され、フロンタルが「ハマーンの遺産」と言及している)。連邦海軍内で「海の亡霊(シーゴースト)」と呼ばれていた。正面からは扁平に潰れた菱形シルエット、2本の前足とその先端から展開される三本爪の大型クローを持つ。その付け根からは貝殻を思わせる丸みを帯びた装甲が張り出している。細長い流線型のボディ、上方からはスペードの形に見える先端部分は猛禽類の嘴を想起させる有機的な曲線、頭部と思わしき部分には単眼センサーを閃かせている。水中潜行時は肩の装甲を閉じて前足を収納することで丸みを帯びた形状になる。
肩の装甲内に電磁流体誘導推進ユニット (MHD) を仕込んでおり、スリットから海水を吸い込み超伝導コイルで推進機関に誘導後、引き入れた海水を加速して後方に噴射し推進する。この無音推進システムは初期のもので、パワー不足で使われなくなって久しいが、同機は更に内蔵のミノフスキー・クラフト・エンジンから粒子を常時散布してIフィールド力場を形成し、イオン化した海水を機体の保護膜とすることで潜航時の抵抗を大幅に低減したため、超静粛にして驚異的な機動力を獲得した。しかし、同機の真価は上陸したときに発揮されるとされている。管制は少人数パイロットで運用可能(アニメ版では前述の通り単座)。コクピットブロックは前面の壁一面がスクリーンとなっており、その手前に操縦・索敵・防御を司るオペレーター席が並ぶ。コクピット後方の一段高いスペースは機長席となり、攻撃オペレートの役割も兼ね、非常時には一元操作も可能。 主な武装は頭部カバー内に収納された大口径メガ粒子砲、両肩の肩部装甲に設置された拡散メガ粒子砲、背部に10機収納され、拡散メガ粒子砲を乱反射することで広範囲を攻撃し、また敵機のビーム兵装を反射することで防御にも転用できるリフレクタービット、両腕の大型クロー。
パーツ
HEAD  
BODY  
ARMS  
LEGS  
BACKPACK  
SHIELD  
WEAPON  
OPTIONS
EX-ACTS
MODULES
攻略メモ
No ミッション名 難易度 制限時間 クリア報酬 勝利条件、備考
9 赤い亡霊 2      
66 蒼海の亡霊 11      
PS3:ガンダムブレイカー2 初回生産限定
PS VITA:ガンダムブレイカー2 初回生産限定

機体データTOPに戻る